ホーム » カテゴリ » ページ

立体写真を有効利用するリンク

「デジカメであそぼ 立体写真」と連携で利用できるツールをさがしています。
「こんなツールを利用したら、面白い作品ができた。」という方、連絡下さい

KGT: 3D-ViewREX
低価格で、立体視を体験できるメガネ、3D-ViewREXのご紹介です。
3D-ViewREXは、プリズムで視線を曲げたメガネを使用し、左右の目の視差画像を見ることにより、立体視を実現します。上下に並べた視差画像を上図を左目が、下図を右目が見ることにより立体視ができます。
イーレッツ株式会社
イーレッツでは、今はやりの3Dグラフィックで作られたゲームを立体視ゲームとして体感できるメガネ及びドライバーを発売するそうです。レーシングゲームなどは感動ものだそうです。
他にどうしても立体裸眼視のできない方に、立体視メガネの作り方及び型紙が紹介されてます。
Easy 3D viewer "Vrtual View"
どうしても、ステレオグラム写真がみえない貴方に、とっておきの方法をお教えします。独自のステレオグラム用立体メガネの作り方の解説と使用方法を紹介しています。立体写真も掲載しています。
笠置のまっちゃん
絵心のない貴方にも、簡単に写真を絵画調に変換してくれる「水墨画作成ボードF」があります。トップページの作品がこれを利用したものです。赤青メガネでジ~クリ見て下さい。
カシミール・ステーション
数値地図を元のリアリティのある山岳写真風画像を作成してくれる「カシミール3D」があります。カシバードで位置をちょっとズラして撮影実行した画像を「デジカメであそぼ 立体写真」で読み込めば・・・・「立体山岳写真」のできあがりです。